2018年07月31日

お墓の花つぼから水が漏れた!!

交差点の角の石屋さんの小野田石材です。



最近ご依頼の多くなってきた案件で、お墓の花つぼに穴が開いたもしくは水が漏れる・外れなくなったなどが増えてきました。

これは何かというと昔の花つぼは鋳物作っている場合が多かったです。

花つぼ前

このタイプの花つぼです。

石との接点の付近が腐って穴が開いたり停め金具から外れなくなったりします。

穴の開いた鋳物の花つぼ

光で分かると思いますが、奥まで明るいですよね。

穴の開いている証拠です。

直し方としては穴を掘りなおしてステンレス製の花つぼに取り替えます。

当社では18-8ステンレスでちょっとしたこだわりとして外側もすべて磨いてあるタイプを使用しています。

見えない所が磨いてない花つぼは気持ち安くて経営的には助かるのですが、それよりも汚れが付きにくい鏡面加工をしてあるものをあえて選んでいます。
花つぼ設置後

些細なことだけど聞くのも悪いなと思わずに何でも聞いてください。

出来る限りのことはします。
------------------------------------------------------------------------
交差点の角の石屋さん
お墓・終活・石製品についてなんでも質問に答えます。
質問の有る方は(有)小野田石材までお問合せ下さい。
電話 0565-32-2427
e-mail info@onoishi.jp
-------------------------------------------------------------------------


同じカテゴリー(お墓について)の記事画像
お墓の石を取る丁場はこんなところ(東北芝山ベンチカット中 編)
お墓の石を取る丁場はこんなところ(東北芝山編)
古瀬間墓地公園で墓地のお勧めは
分かりやすい見積書
和型タイプ別納骨できる量
遺骨を入れないお墓2
同じカテゴリー(お墓について)の記事
 お墓のサイズの変更 (2018-09-03 09:00)
 お墓の石を取る丁場はこんなところ(東北芝山ベンチカット中 編) (2018-08-30 09:00)
 お墓の石を取る丁場はこんなところ(東北芝山編) (2018-08-27 07:59)
 格安でお墓じまい (2018-08-23 09:00)
 古瀬間墓地公園で墓地のお勧めは (2018-08-07 09:00)
 分かりやすい見積書 (2018-08-03 09:00)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。