2018年07月11日

遺骨を入れないお墓

交差点の角の石屋さんの小野田石材です。

お客様が子供のお墓を建てたくなったと先日ご来店いただきました。

お話を聞くと結婚した息子さんが亡くなったそうです。

どういう理由かまでは深くお聞きしませんでしたが、ご遺骨も無くあるのは実家に残した身の回りのだけ。

普通であればご遺骨が無ければお墓を建てて納骨をすることは有りません。

そして1人息子だったためあとを見てもらえる方も居ません。

それでもお墓を建てて息子さんを供養したいとご相談に来られました。

色々考えた結果

普通は川砂を敷き詰めるのですが丘カロート式のお墓にして板を張りました。

写真の矢印で指している場所です。(展示品)

丘カロート式お墓


間口が広いのでお骨以外も納める事が出来る事と衣装や靴などの遺品も納める事ができてご遺骨の代わりにすることが出来ます。

このように普通では対応できない事でも考えて対応しますので、お困りごとが有れば何でも相談をしてください。


------------------------------------------------------------------------
交差点の角の石屋さん
お墓・終活・石製品についてなんでも質問に答えます。
質問の有る方は(有)小野田石材までお問合せ下さい。
電話 0565-32-2427
e-mail info@onoishi.jp
-------------------------------------------------------------------------




同じカテゴリー(お墓について)の記事画像
洋碑のかさ上げ中
国内加工の墓石特別展示中
多磨霊園に見学に行って来ました。
墓石に法名が彫ってあるけど新しく法名をいただいた場合はどうするのか。
お墓の緊急補修
埋葬方法の満足度
同じカテゴリー(お墓について)の記事
 洋碑のかさ上げ中 (2019-01-19 17:13)
 国内加工の墓石特別展示中 (2018-12-30 05:00)
 墓地の管理費の意味合い (2018-12-28 13:35)
 墓地の永代使用料とは (2018-12-26 16:44)
 多磨霊園に見学に行って来ました。 (2018-12-18 07:21)
 墓石に法名が彫ってあるけど新しく法名をいただいた場合はどうするのか。 (2018-12-14 08:00)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。