2018年02月12日

4ツ石だけの納骨堂

お墓の納骨室です。

施工途中でまだきれいにはしていませんが、芝台がない4ツ石に納骨マスを入れた場合の写真です。

4ツ石

納骨マスですが、深さは15センチ程あり、この中に川砂を敷いてその上にお骨がのります。

納骨マスが無いと4つに分割されている角にセメントで支えをつけるので容量が減り、納骨できるお骨の量が減ります。
昔ですと納骨マスをつけていないお墓も多数見受け、立て直した際は出来る限りつけるようにしています。

そして地震対策として4ツ石はアンカーボルトを入れて金具で固定をしてあります。
古いお墓ですと軽くするため・セメントがしっかりと利くように・今のように石を取るのが大変だったため出来る限りお値打ちにするため、などなど様々な理由から裏側がえぐれている石を使っていたりします。
アンカーボルトを掘ることが出来れば古いお墓も同じように加工しますが、出来ない場合は申し訳ありませんが、作り直すか施工をしないかになります。

古いお墓でも地震に強いお墓にしたいとご要望があればいつでもご相談ください。

------------------------------------------------------------------------
交差点の角の石屋さん
お墓・終活・石製品についてなんでも質問に答えます。
質問の有る方は(有)小野田石材までお問合せ下さい。
-------------------------------------------------------------------------


同じカテゴリー(お墓について)の記事画像
お墓の構造 (和型)3
お墓の構造 (和型)
お墓の相談会
間口が広くて
神道のお墓2
墓誌を縮小
同じカテゴリー(お墓について)の記事
 お墓の構造 (和型)3 (2018-02-08 09:00)
 お墓の構造 (和型)2 (2018-02-05 09:00)
 お墓の構造 (和型) (2018-02-03 08:00)
 お墓の相談会 (2012-08-04 12:01)
 間口が広くて (2012-07-07 08:22)
 神道のお墓2 (2012-05-15 17:43)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。