2018年02月26日

子どもはお墓の面倒を見るのか?

墓地に居てお参りの方と話す機会がたくさんあります。

子どもがお墓の面倒を見てくれるのか分からないと言う話はよく出ます。

豊田市周辺ではトヨタ自動車と関連企業があり、地元で就職をしている方が多いのですが、それでも良く聞く話です。

お墓参りに行くより仕事に行くことが大切だった時代もありました。

そのため、お墓へお参りに行く習慣が無くなり、お墓は有って当たり前から無くてもいいんじゃないかと思えるようになったのではないでしょうか。

全国的な石屋さんの団体もお彼岸はお参りに行きましょうと言う啓蒙ポスターを作っています。

人によっては上から目線で言われていると感じられる人も多いかもしれません。

それならば新規にお墓を建てた後にお墓開きの前までサラシを巻き当日に取るのですが、これも家族全員でおこなう体験などが必要なのではないかと思います。

モノよりコトが大切だと言われていますが、お墓も家族全員で関わることが大切ではないかと感じています。

------------------------------------------------------------------------
交差点の角の石屋さん
お墓・終活・石製品についてなんでも質問に答えます。
質問の有る方は(有)小野田石材までお問合せ下さい。
-------------------------------------------------------------------------
  


Posted by 小野田大治 at 09:00 │コメントをする・見る(0)思うこと

2018年02月22日

お彼岸に向けて

この冬、寒さが厳しかったことと思います。

この寒さのせいで亡くなられた方が例年より多かったそうです。

当社も今月頭の2月3日は納骨が有るのでお墓に戒名(法名)の追加彫りを5件ほどありました。

今回は、お葬式が終わったすぐ後ぐらいに頼まれた方・1週間前に頼まれた方など、時間的余裕とその前後の週はたまたま納骨が無かったので無事に済みましたが、石屋さんによっては断ったとの話もあります。

お墓が有る場合は四十九日の法要で納骨をされる方も大勢いらっしゃいます。

法要は親戚が集まりやすい土日におこなわれる場合が多く、どうしても多くなる傾向にあります。

春彼岸まで約1か月となりました。

もし、納骨を考えてそれまでに戒名を彫る場合は早めにおこなってください。

もちろん、当社でも施工しますので、お問合せ下さい。

------------------------------------------------------------------------
交差点の角の石屋さん
お墓・終活・石製品についてなんでも質問に答えます。
質問の有る方は(有)小野田石材までお問合せ下さい。
-------------------------------------------------------------------------


  


Posted by 小野田大治 at 09:30 │コメントをする・見る(0)お墓について

2018年02月15日

右肩上がりのフクロウ

右肩上がりのフクロウです。


右肩上がりのフクロウ


展示会へ行ってたくさんある自然石のフクロウの中から右肩上がりのフクロウを買ってきました。

フクロウは不苦労と言う当て字から苦労を知らなくて済む鳥として縁起を担ぐ方もおられ人気のある鳥です。

しかも今回は右肩上がりで縁起がさらにいい置物です。

なかなか手ごろなサイズで格好の良いものは少ないです。

たまにこんな置物も展示してありますのでよろしければ一度ご来店ください。

------------------------------------------------------------------------
交差点の角の石屋さん
お墓・終活・石製品についてなんでも質問に答えます。
質問の有る方は(有)小野田石材までお問合せ下さい。
-------------------------------------------------------------------------
  


Posted by 小野田大治 at 09:30 │コメントをする・見る(0)石の小物

2018年02月12日

4ツ石だけの納骨堂

お墓の納骨室です。

施工途中でまだきれいにはしていませんが、芝台がない4ツ石に納骨マスを入れた場合の写真です。

4ツ石

納骨マスですが、深さは15センチ程あり、この中に川砂を敷いてその上にお骨がのります。

納骨マスが無いと4つに分割されている角にセメントで支えをつけるので容量が減り、納骨できるお骨の量が減ります。
昔ですと納骨マスをつけていないお墓も多数見受け、立て直した際は出来る限りつけるようにしています。

そして地震対策として4ツ石はアンカーボルトを入れて金具で固定をしてあります。
古いお墓ですと軽くするため・セメントがしっかりと利くように・今のように石を取るのが大変だったため出来る限りお値打ちにするため、などなど様々な理由から裏側がえぐれている石を使っていたりします。
アンカーボルトを掘ることが出来れば古いお墓も同じように加工しますが、出来ない場合は申し訳ありませんが、作り直すか施工をしないかになります。

古いお墓でも地震に強いお墓にしたいとご要望があればいつでもご相談ください。

------------------------------------------------------------------------
交差点の角の石屋さん
お墓・終活・石製品についてなんでも質問に答えます。
質問の有る方は(有)小野田石材までお問合せ下さい。
-------------------------------------------------------------------------
  


Posted by 小野田大治 at 09:00 │コメントをする・見る(0)お墓について

2018年02月10日

お墓を大切にしてもらうためには

お彼岸まで1か月ぐらいになりました。

お墓を必要としない人が増えているとは前から言われています。

後継者が居ないと言う仕方がない部分は有りますが、実際の話は東京の墓地を取得するには有名な青山霊園では

募集面積:1.6㎡~3.95㎡

使用料:4,376,000円~10,803,250円


これだけの金額がかかり、とてもじゃないけど墓地を取得することが出来ません。

しかも公営ですよ。

豊田市も高くはなりましたが、一番小さい2平米でも20万円台。

これでも高いと言う人は居ますので、特に全国放送をするテレビ局の多い東京ではお墓を建てたくても建てれない人は大勢いるのです。
  


Posted by 小野田大治 at 09:00 │コメントをする・見る(0)思うこと

2018年02月08日

お墓の構造 (和型)3

写真はほぼ完成に一気に飛びますが、実際に納骨をする入口のある1枚台と言う部分になります。

一枚台

今回、説明をしているお墓は古いタイプのため入口の部分は開いていません。

以前は開いていなくて実際にお墓を建てる時になったら穴を開けたものです。

もちろんですが、このお墓を設置するときにはきちんと穴を開けます。

実際に建っている場合はこの部分の前は線香ロウソク立てとして香炉鉢が置かれています。

お墓参りに行ったことはあるけどどこから納骨するのか分からないとよく言われますが、実は香炉鉢をどかすと穴が開いているのです。

最後に穴の大きさですがどれぐらいのサイズが入ると思いますか?

当然!!骨壺のサイズでしょう。




いいえ、違います。

東海地方は基本的に骨壺からお骨を出して納骨します。

ですので、骨壺が入る入口を作る必要がないのです。

ただし、名古屋市の火葬場で用意してある骨壺は小さいので入りますが。


でも、骨壺を入れたいと言われる方もいます。

もちろん、骨壺ごと入れれるタイプもあります。

それは次回以降を見てください。

お墓の構造(和型) その1

お墓の構造(和型) その2

お墓の構造(和型) 4ツ石のみの場合

------------------------------------------------------------------------
交差点の角の石屋さん
お墓・終活・石製品についてなんでも質問に答えます。
質問の有る方は(有)小野田石材までお問合せ下さい。
-------------------------------------------------------------------------

  


Posted by 小野田大治 at 09:00 │コメントをする・見る(0)お墓について

2018年02月05日

お墓の構造 (和型)2

お墓の一番下か2段目になる部分です。

この様に4つの石を組んであり真ん中が開いています。

この部分が納骨室にあたり、お骨が収蔵されるところとなります。

img src="http://img01.boo-log.com/usr/i/s/i/isiyan/IMG_2188_512.jpg" alt="4ツ石" title="4ツ石" >

敷地が狭かったり古い墓石で有ればここの部分から始まります。

今ではもう一段つけて墓石を高くする意味も含めて芝台をつけることが多いです。

ここに納骨マスをつける場合、下に埋める両パターンあります。

芝台と同じ高さにして周りをコンクリートで固める事で地震への強度は増します。

下に埋めるバターンだとより多くのお骨を埋葬することができます。

当社では芝台がある場合は基本的に納骨マスを設置しません。
なぜならば設置しなくても十分な量のお骨を埋葬できるからです。

4ツ石だけですとどうしても埋葬量が限られるため設置をします。


お墓の構造(和型) その1

お墓の構造(和型) その3

お墓の構造(和型) 4ツ石のみの場合

------------------------------------------------------------------------
交差点の角の石屋さん
お墓・終活・石製品についてなんでも質問に答えます。
質問の有る方は(有)小野田石材までお問合せ下さい。
-------------------------------------------------------------------------

  


Posted by 小野田大治 at 09:00 │コメントをする・見る(0)お墓について

2018年02月03日

お墓の構造 (和型)

完成後

お墓はどのような構造になって建っていると思いますか。

よく聞くのは知らないと言われます。

実際に納骨をする時ぐらいしか開けず中を見ることはできないと思います。

以前開けたのは何時だったけ?お祖父さんが亡くなった時だから30年ぐらい前と言うことも普通にあります。

今回はシリーズとして一段ずつ解説をしていこうと思っていますのでお付き合いください。

写真は完成後の和型になります。

古いお墓なのでサンプルとして色違いのスリンが置いてあります。

和型で2色使いは見かけたことはありませんが洋碑で2色のものは有りますので、違和感が無くなる時代が来るかも知れませんのでご参考までに見てください。

 
お墓の構造(和型) その2

お墓の構造(和型) その3

お墓の構造(和型) 4ツ石のみの場合

------------------------------------------------------------------------
交差点の角の石屋さん
お墓・終活・石製品についてなんでも質問に答えます。
質問の有る方は(有)小野田石材までお問合せ下さい。
-------------------------------------------------------------------------
  


Posted by 小野田大治 at 08:00 │コメントをする・見る(0)お墓について