2018年04月20日

母の日参り

もともとは20世紀初頭アメリカに住むアンナ・シャービスさんが母親を偲ぶ思いから生まれたのが「母の日」の始まりでした。

彼女の母親はアメリカの南北戦争で傷ついた両軍の兵士を救援・介護をした献身の人でした。

そんな母親を敬愛してやまないアンナは亡き母を偲ぶ日々の中で世の母親に感謝を表す記念日として「母の日」となりました。

それが近年「母の日」に亡き母の墓前を訪ねる「母の日参り」が少しずつ広がりを見せています。

きれいなお花やお線香をお供えし、日頃の報告や感謝の気持ちをお伝えしませんか。

お花は白いカーネーションを持ってお参りに行きませんか。

花言葉は「私の愛情は生きている」と敬愛の心をしめします。

お墓に花の絵を彫ることはたまにありますが、カーネーションは彫ったことがありません。

機会があれば提案をしてみたいと思います。


母の日参りパートナーシップHP

https://hahanohi-mairi.jp/

------------------------------------------------------------------------
交差点の角の石屋さん
お墓・終活・石製品についてなんでも質問に答えます。
質問の有る方は(有)小野田石材までお問合せ下さい。
電話 0565-32-2427
e-mail info@onoishi.jp
-------------------------------------------------------------------------  


Posted by 小野田大治 at 09:00 │コメントをする・見る(0)思うこと

2018年04月16日

お墓じまいは必要か

NHKのクローズアップ現代でお墓じまいの特集が有りました。
交差点の角の石屋さんの小野田石材です。

SNSでつながっている石屋さんの反応を見ていると「お墓じまい=いい事」ととらえられるように放送をされることに対して怒っている方が多く見受けられました。

放送の中でもお墓じまいをしてしまった方の息子さんは意外な顔をしていました。

ゲストの方もお墓じまいなぁって顔をしていました。

お墓参りに行かないと思い込んで要らない気苦労をしている場合も多いと思います。

お墓は迷惑なものと感じるかは継承者で実際にお墓参りに行く方が判断をするしかないのです。

お墓じまいをして後悔している方も大勢いますので、何が何でもと思わず子供たちに任せるのが一番楽だと思います。


------------------------------------------------------------------------
交差点の角の石屋さん
お墓・終活・石製品についてなんでも質問に答えます。
質問の有る方は(有)小野田石材までお問合せ下さい。
電話 0565-32-2427
e-mail info@onoishi.jp
-------------------------------------------------------------------------
  


Posted by 小野田大治 at 09:00 │コメントをする・見る(0)思うこと

2018年04月10日

お墓が黄色い

交差点の角の石屋さんの小野田石材です。

納骨をするお墓があります。

週末に雨が降ったのでお墓を綺麗に掃除をしに行きました。

そうしたらモヤっとした汚れがついています。

そう言えば週末に布団を洗い干すときに手すりに黄色い粉が吹いてい居たのできっと同じもので黄砂かスギ花粉だと思います。

スギ花粉で有れば特に問題はないのですが、黄砂の場合は色々と問題があります。

黄砂にはいろいろな成分が含まれています。

見栄えが悪いこともありますが、石を劣化させる成分も含まれていますので早急にきれいにしないといけません。

特に黒い石は影響が出やすいです。

硬くて劣化の少ないインド材の石だから安心と思っていませんか。

インド材は色の濃いのが多いので注意が必要です。

なるべく早く洗い落すことが必要です。

------------------------------------------------------------------------
交差点の角の石屋さん
お墓・終活・石製品についてなんでも質問に答えます。
質問の有る方は(有)小野田石材までお問合せ下さい。
電話 0565-32-2427
e-mail info@onoishi.jp
-------------------------------------------------------------------------

  


Posted by 小野田大治 at 09:00 │コメントをする・見る(0)お墓について

2018年04月06日

なごやか自分史フェア②(家紋)

なごやか自分史フェアその②になります。

自分史パッケージとして自分史として活用ができるかわいいペットの成長記録が残せる「うちのこの記録」



自分史ってなに?って思われる方も多いと思いますが、ペットの記録を残して成長過程を懐かしむことも一生を見守ると言う事では自分史にすることが出来ます。

この様なものがあれば生まれてから成長過程がひと目で分かってどんな理由であれ分かれた後にも思い出すことができます。

よく聞くのが、介護施設に入ると思いでも物もちょっとしか持ってくることが出来ない。ましてやペットなんてもっての他です。

写真だけではなく成長記録も持っていくことで心が和むと思います。



そしてカラフルな家紋。

見ても喪服やお墓についていますが白黒でなんかパッとしないと思いますが、いろんな色を付けてみると不思議とかわいく見えます。

今ではどこにあるのか、そもそも家紋ってなに?って時代ですが、これがけっこう面白いです。そしてよく見るととても複雑。

ちょっと良くなかったですか。

私の家の家紋は無かったのが残念です。

なごやか自分史フェア①

なごやか自分史フェア①
------------------------------------------------------------------------
交差点の角の石屋さん
お墓・終活・石製品についてなんでも質問に答えます。
質問の有る方は(有)小野田石材までお問合せ下さい。
電話 0565-32-2427
e-mail info@onoishi.jp
-------------------------------------------------------------------------
  


Posted by 小野田大治 at 09:00 │コメントをする・見る(0)イベント

2018年04月02日

なごやか自分史フェア①

先日開催されたなごやか自分史フェアです。

会場となった禅林寺の入り口です。

入口


今回は丘カロート式の洋碑を1基を展示しました。

なごやか1

なぜかと言うと名古屋市では墓地の敷地が90センチ角の場合も多々あります。

その範囲内に建てないといけません。

この敷地に必要なものは全部そろったお墓でなければいけないのです。

ただ、今回は墓誌はしっかりと接着をしないと倒れる危険性があるので設置はしませんでした。

その代わりと言ってはなんですが墓石の前の板石をどかすと中の構造が見え、アンカーボルトとL字金具で固定してある所も見えます。

普段はお墓の内部まで見ないですよね。

昔はアンカーボルトでは留めてないのですが今では止めてあります。

ただ、聞いた話では目地の所にコーキングを詰めていない墓石も増えてきているようです。

なぜかと言うと、その分値段を下げることが出来るから。

はっきり言って耐久性に問題があり、すぐに耐震効果は無くなってしまいます。

お値打ちだったと思ったら思わぬ落とし穴があるかも知れません。

もちろん自社ではそんなことはおこないません。

つまらん仕事はしたくないですから。

------------------------------------------------------------------------
交差点の角の石屋さん
お墓・終活・石製品についてなんでも質問に答えます。
質問の有る方は(有)小野田石材までお問合せ下さい。
電話 0565-32-2427
e-mail info@onoishi.jp
-------------------------------------------------------------------------



  


Posted by 小野田大治 at 09:00 │コメントをする・見る(0)イベント

2018年03月23日

お墓にお供えするお花はなんにしようか?

お彼岸が近くなりました。

2月はお花があまりなかったのでお墓にお供えする花は選びがいがあるな~と思っていませんか。

そこで注意するのがキレイだけど毒のある花をお供えすると昔ながらの人からはイヤな顔をされます。

この時期に咲いている花に水仙鈴蘭があります。

鈴蘭水仙はヒガンバナ系の花なので毒があか注意が必要です。

秋になるとヒガンバナをお供えしているお墓もいっぱいあるので、あまり神経質になるのも考え物ですが。

お花屋さんも詳しいのでお墓用でと頼めば予算に合った献花を用意していただけます。

きっとお花屋さんにいけば菜の花とか置いてあると思います。

------------------------------------------------------------------------
交差点の角の石屋さん
お墓・終活・石製品についてなんでも質問に答えます。
質問の有る方は(有)小野田石材までお問合せ下さい。
-------------------------------------------------------------------------
  


Posted by 小野田大治 at 09:00 │コメントをする・見る(0)お墓について

2018年03月22日

お墓の選び方

お盆に向けてお墓の事を聞きに来ませんか。

今回はお墓はなんで建てるのかそしてお墓の選び方で大よその目安になる値段と石の種類・形の選び方などをおこないます。

お墓は敷地によって大きさが変わってきます。
メインのお墓のサイズは規格がありますが、それ以外の部分はお客様それぞれの一点ものになります。

例えば
・墓石の位置はここ
・墓誌の位置はここ
・塔婆立ては必要かな
・手が届きやすい所にお花をあげる花つぼがあったらいいな
・足が悪いから段差をなくしたい

などなど要望は違います。

必要なら相談にのります。良かったら来てください。

日時3月24日 10時より 
場所愛知県豊田市金谷町6-54
PIPO びーとるるーむ

メンバーじゃないからダメなのかな。
いいえ私に直接言ってもらえれば参加できます。
メールで下記の問い合わせからお申し込みください。
-----------------------------------------------------------------------
交差点の角の石屋さん
お墓・終活・石製品についてなんでも質問に答えます。
質問の有る方は(有)小野田石材までお問合せ下さい。
-------------------------------------------------------------------------

  


Posted by 小野田大治 at 09:00 │コメントをする・見る(0)イベント

2018年03月19日

彼岸入り

土曜日から彼岸の入りになりました。

土日と墓地に居ました。

今日はお彼岸だしお参りの方もいっぱい来るかな?っと思っていましたら、天気も良かったこともありお参りに着た方はたくさんいました。


お花や線香を持ってお参りをするのは当たり前ですが、丁寧な方だと石でできている部分もすべて洗っていかれます。
しかも、長靴を持ってとやる気満々の方も数名いらっしゃいました。

お墓は一番身近にあるヒーリングスポットでもあり、パワースポットとも言われています。

ご両親はもとよりご先祖様とも繋がれる唯一の場所になって心が安らぐ場所です。

明日の午後からはあいにくの雨で2~3日続くみたいです。
今週末はまた天気が回復して良くなるらしいので、前半に行けれなかったら週末の土にでも行かれたらどうですか。

お彼岸は土曜日までが期間となっています。

土曜日にどうしても行けなくても日曜日にお参りに行けば大丈夫ですよ。

ご先祖様はお墓参りに来てもらうのが一番の喜びですから。

------------------------------------------------------------------------
交差点の角の石屋さん
お墓・終活・石製品についてなんでも質問に答えます。
質問の有る方は(有)小野田石材までお問合せ下さい。
電話 0565-32-2427
e-mail info@onoishi.jp
-------------------------------------------------------------------------
  


Posted by 小野田大治 at 09:00 │コメントをする・見る(0)お墓について

2018年03月15日

初盆にお墓を間に合わせるためには

お彼岸のちょと前なのにお盆の話は早いと思った方は居いませんか。

実はお盆にお墓を建てる方が多いいため7月以降に建てようとすると混みあって間に合わないことがあるかもしれません。

と言うのも最近のお墓を建てるタイミングとして、初盆・1周忌を目安にお墓を建てる方が多くなっています。
以前でしたら四十九日や春・秋のお彼岸に合わせて建てる方もいましたが、今では少なくなりその分だけお盆に集中するのです。

そして建築業界も同じく職人さんも定年退職をしたりしてお墓業界も人手不足で集中すると対応が出来なくなっています。

今週末の17日・18日に平井町の東光墓苑で墓地でイベントをやっています。
木曜日に入るチラシに詳細は載ってますのでご覧ください。新聞を取ってない方で興味があれば連絡をいただければ対応します。
来場された方でどうしても初盆や1周忌などに合わせたいと言う方がいらしたら私を指名してください。
共同でおこなっている石屋さんも対応をしていただけるとは思いますが、私ではないのでお約束はできません。


------------------------------------------------------------------------
交差点の角の石屋さん
お墓・終活・石製品についてなんでも質問に答えます。
質問の有る方は(有)小野田石材までお問合せ下さい。
info@onoishi.jp
-------------------------------------------------------------------------
  


Posted by 小野田大治 at 09:00 │コメントをする・見る(0)イベント

2018年03月15日

納骨堂からの改葬

最近では跡取りが居ないご家庭ではお墓じまいをして寺院の納骨堂へ改葬される方が増えています。

今回は遠くにある寺院の納骨堂から自宅付近に新しくお墓を建てて埋葬をする改葬をおこないました。

お寺さんが面倒を見てもらうのは楽なんですが、やっぱり自分自身でお参りをしたい方もまだまだいます。

子どもが面倒を見てくれないからではなくてイザとなったらしっかりと見てくれる。そんな方もまだまだ居ます。

以前はお墓を建てるつもりはなかったと私の見た感じでは思いましたが、亡くなってしばらく経つとお参りをするお墓を必要と感じたのではないでしょうか。

写真は小野田石材HP 施工例をご覧ください。

------------------------------------------------------------------------
交差点の角の石屋さん
お墓・終活・石製品についてなんでも質問に答えます。
質問の有る方は(有)小野田石材までお問合せ下さい。
-------------------------------------------------------------------------
  


Posted by 小野田大治 at 09:00 │コメントをする・見る(0)お墓について

2018年03月12日

なごやか自分史フェア

なごやか自分史フェアに参加します。

3月25日に名古屋市千種区本山にある禅林寺さんで終活フェアを開催されます。

内容は自分史とは自分の思い出をまとめる事です。
家族との旅行で撮った写真をまとめたり、一生の思い出をまとめることです。

その中で私は午後からお墓があるけど跡継ぎが居ない方や子どもが面倒を見てくれるか分からないとの悩みごとの解決の一つとしてお墓のみとりを提案させていだきます。

他にもハッピーエンディングカードの体験会や葬儀のお話も聞けます。

東山動植物園からもう少し行ったところですのでよろしければ来て下さい。

なごやか自分史フェア
なごやか自分史フェア詳細

------------------------------------------------------------------------
交差点の角の石屋さん
お墓・終活・石製品についてなんでも質問に答えます。
質問の有る方は(有)小野田石材までお問合せ下さい。
-------------------------------------------------------------------------

  


Posted by 小野田大治 at 09:00 │コメントをする・見る(0)イベント

2018年03月07日

お墓のお花にあげた水がすぐ水が無くなる!!

お墓の花つぼから水漏れをしていませんか。

夏の暑い時以外でもすぐにお花の水が無くなるのは花つぼについている金具に穴が開いている場合があります。

金属製だから大丈夫だよっと思いませんか。

実は昔のものは鋳物でできており腐食で穴が開いたり、折れたりします。

今ではステンレス製のものを使っています。今まで、一度も穴が開いたとは聞いていませんが、在庫で残っていたものを使った石屋さんが居るかもしれません。

気になるようでしたら取って確認をしてみてはいかがでしょう。


当社で通常使ているステンレス製の花つぼの底はこのようになっています。
よく見ると18-8 TAINLESS STEELと刻印がされており、汚れが付きにくいようにのランクの高いものを使用しています。

ステンレスの花つぼの下

穴が開いていたらご相談ください。
花つぼのサイズによっては再加工が必要な場合があり、ご相談にのります。
------------------------------------------------------------------------
交差点の角の石屋さん
お墓・終活・石製品についてなんでも質問に答えます。
質問の有る方は(有)小野田石材までお問合せ下さい。
-------------------------------------------------------------------------
  


Posted by 小野田大治 at 09:00 │コメントをする・見る(0)お墓について

2018年03月05日

公営墓地は誰のもの?

2月28日の中日新聞の記事に長久手市の公営樹木葬の長くて市民以外へ使用者の拡大をするための条例が審議されるとありました。

公営墓地とは自治体の住民の為の墓地です。

それを施設を税金で作って自治体以外の人に貸しだすのはいかがなものだと思います。

しかも住民構成の年齢層からみて、市民への需要が落ち着くのであれば、余分な施設を造らずに済みます。

当然、施設維持費も減るわけですから将来的にも増税の可能性が減るのですから。


皆さんの想いを込めた埋葬方法として樹木葬自体を否定をする気はないです。

気持ちの入らない埋葬方法は故人の為にならないし残された遺族の為にもならないと考えています。  


Posted by 小野田大治 at 09:00 │コメントをする・見る(0)お墓について

2018年03月03日

円高になるとお墓は安くなる?

円高になって時々おこなわれる会話が

「円高だからやすくなるよね」

「なりません。」

と言うのも、材料費より工事費の方が費用がかかります。

そして中国製品の場合は納品された時の為替が適用されてその時の金額になります。

さらに、中国でもホコリが大量に出る職場はすでに人気が無く人件費がアップし、来月から加工代が2割増しになります。

ですので、お墓を考えている人は早めに建てた方が結果的にお値打ちになると思います。



------------------------------------------------------------------------
交差点の角の石屋さん
お墓・終活・石製品についてなんでも質問に答えます。
質問の有る方は(有)小野田石材までお問合せ下さい。
-------------------------------------------------------------------------

  


Posted by 小野田大治 at 09:00 │コメントをする・見る(0)

2018年02月26日

子どもはお墓の面倒を見るのか?

墓地に居てお参りの方と話す機会がたくさんあります。

子どもがお墓の面倒を見てくれるのか分からないと言う話はよく出ます。

豊田市周辺ではトヨタ自動車と関連企業があり、地元で就職をしている方が多いのですが、それでも良く聞く話です。

お墓参りに行くより仕事に行くことが大切だった時代もありました。

そのため、お墓へお参りに行く習慣が無くなり、お墓は有って当たり前から無くてもいいんじゃないかと思えるようになったのではないでしょうか。

全国的な石屋さんの団体もお彼岸はお参りに行きましょうと言う啓蒙ポスターを作っています。

人によっては上から目線で言われていると感じられる人も多いかもしれません。

それならば新規にお墓を建てた後にお墓開きの前までサラシを巻き当日に取るのですが、これも家族全員でおこなう体験などが必要なのではないかと思います。

モノよりコトが大切だと言われていますが、お墓も家族全員で関わることが大切ではないかと感じています。

------------------------------------------------------------------------
交差点の角の石屋さん
お墓・終活・石製品についてなんでも質問に答えます。
質問の有る方は(有)小野田石材までお問合せ下さい。
-------------------------------------------------------------------------
  


Posted by 小野田大治 at 09:00 │コメントをする・見る(0)思うこと

2018年02月22日

お彼岸に向けて

この冬、寒さが厳しかったことと思います。

この寒さのせいで亡くなられた方が例年より多かったそうです。

当社も今月頭の2月3日は納骨が有るのでお墓に戒名(法名)の追加彫りを5件ほどありました。

今回は、お葬式が終わったすぐ後ぐらいに頼まれた方・1週間前に頼まれた方など、時間的余裕とその前後の週はたまたま納骨が無かったので無事に済みましたが、石屋さんによっては断ったとの話もあります。

お墓が有る場合は四十九日の法要で納骨をされる方も大勢いらっしゃいます。

法要は親戚が集まりやすい土日におこなわれる場合が多く、どうしても多くなる傾向にあります。

春彼岸まで約1か月となりました。

もし、納骨を考えてそれまでに戒名を彫る場合は早めにおこなってください。

もちろん、当社でも施工しますので、お問合せ下さい。

------------------------------------------------------------------------
交差点の角の石屋さん
お墓・終活・石製品についてなんでも質問に答えます。
質問の有る方は(有)小野田石材までお問合せ下さい。
-------------------------------------------------------------------------


  


Posted by 小野田大治 at 09:30 │コメントをする・見る(0)お墓について

2018年02月15日

右肩上がりのフクロウ

右肩上がりのフクロウです。


右肩上がりのフクロウ


展示会へ行ってたくさんある自然石のフクロウの中から右肩上がりのフクロウを買ってきました。

フクロウは不苦労と言う当て字から苦労を知らなくて済む鳥として縁起を担ぐ方もおられ人気のある鳥です。

しかも今回は右肩上がりで縁起がさらにいい置物です。

なかなか手ごろなサイズで格好の良いものは少ないです。

たまにこんな置物も展示してありますのでよろしければ一度ご来店ください。

------------------------------------------------------------------------
交差点の角の石屋さん
お墓・終活・石製品についてなんでも質問に答えます。
質問の有る方は(有)小野田石材までお問合せ下さい。
-------------------------------------------------------------------------
  


Posted by 小野田大治 at 09:30 │コメントをする・見る(0)石の小物

2018年02月12日

4ツ石だけの納骨堂

お墓の納骨室です。

施工途中でまだきれいにはしていませんが、芝台がない4ツ石に納骨マスを入れた場合の写真です。

4ツ石

納骨マスですが、深さは15センチ程あり、この中に川砂を敷いてその上にお骨がのります。

納骨マスが無いと4つに分割されている角にセメントで支えをつけるので容量が減り、納骨できるお骨の量が減ります。
昔ですと納骨マスをつけていないお墓も多数見受け、立て直した際は出来る限りつけるようにしています。

そして地震対策として4ツ石はアンカーボルトを入れて金具で固定をしてあります。
古いお墓ですと軽くするため・セメントがしっかりと利くように・今のように石を取るのが大変だったため出来る限りお値打ちにするため、などなど様々な理由から裏側がえぐれている石を使っていたりします。
アンカーボルトを掘ることが出来れば古いお墓も同じように加工しますが、出来ない場合は申し訳ありませんが、作り直すか施工をしないかになります。

古いお墓でも地震に強いお墓にしたいとご要望があればいつでもご相談ください。

------------------------------------------------------------------------
交差点の角の石屋さん
お墓・終活・石製品についてなんでも質問に答えます。
質問の有る方は(有)小野田石材までお問合せ下さい。
-------------------------------------------------------------------------
  


Posted by 小野田大治 at 09:00 │コメントをする・見る(0)お墓について

2018年02月10日

お墓を大切にしてもらうためには

お彼岸まで1か月ぐらいになりました。

お墓を必要としない人が増えているとは前から言われています。

後継者が居ないと言う仕方がない部分は有りますが、実際の話は東京の墓地を取得するには有名な青山霊園では

募集面積:1.6㎡~3.95㎡

使用料:4,376,000円~10,803,250円


これだけの金額がかかり、とてもじゃないけど墓地を取得することが出来ません。

しかも公営ですよ。

豊田市も高くはなりましたが、一番小さい2平米でも20万円台。

これでも高いと言う人は居ますので、特に全国放送をするテレビ局の多い東京ではお墓を建てたくても建てれない人は大勢いるのです。
  


Posted by 小野田大治 at 09:00 │コメントをする・見る(0)思うこと

2018年02月08日

お墓の構造 (和型)3

写真はほぼ完成に一気に飛びますが、実際に納骨をする入口のある1枚台と言う部分になります。

一枚台

今回、説明をしているお墓は古いタイプのため入口の部分は開いていません。

以前は開いていなくて実際にお墓を建てる時になったら穴を開けたものです。

もちろんですが、このお墓を設置するときにはきちんと穴を開けます。

実際に建っている場合はこの部分の前は線香ロウソク立てとして香炉鉢が置かれています。

お墓参りに行ったことはあるけどどこから納骨するのか分からないとよく言われますが、実は香炉鉢をどかすと穴が開いているのです。

最後に穴の大きさですがどれぐらいのサイズが入ると思いますか?

当然!!骨壺のサイズでしょう。




いいえ、違います。

東海地方は基本的に骨壺からお骨を出して納骨します。

ですので、骨壺が入る入口を作る必要がないのです。

ただし、名古屋市の火葬場で用意してある骨壺は小さいので入りますが。


でも、骨壺を入れたいと言われる方もいます。

もちろん、骨壺ごと入れれるタイプもあります。

それは次回以降を見てください。

お墓の構造(和型) その1

お墓の構造(和型) その2

お墓の構造(和型) 4ツ石のみの場合

------------------------------------------------------------------------
交差点の角の石屋さん
お墓・終活・石製品についてなんでも質問に答えます。
質問の有る方は(有)小野田石材までお問合せ下さい。
-------------------------------------------------------------------------

  


Posted by 小野田大治 at 09:00 │コメントをする・見る(0)お墓について